公立の通信制高校の特徴について

公立の通信制高校のメリットは、「学費が安く済む」こと

公立の通信制高校のメリットは、「学費が安く済む」こと私立の場合も就学支援金を利用することができます確実に卒業したいのであれば私立を選ぶことも検討してみるとよい

公立の通信制高校のメリットは、なんと言っても、私立などと比べて「学費が安く済む」ということです。
授業料に関しては、地域によって1単位あたり175円〜700円と違いますが、卒業するために必要な74単位の合計は12,950円〜51,800円になります。
そしてこれに諸経費を加えても、3年で卒業できるのであれば10万円以下の費用で済ませることができると言えるでしょう。
さらに文科省が実施している「就学支援金」という制度を利用すれば、卒業までに数千円〜数万円程度しかかかりませんし、授業料が高い地域の場合でも十数万円程度の費用で済ませることが可能です。
就学支援金は、奨学金とは違って無償で支給されるものなので後で返済する必要がありません。
それに対象となるのは年収910万円未満の世帯とされているため、多くの家庭で利用することができるようになると言えるでしょう。
サラリーマンの平均年収は400万円程度なので、年収が1,000万円に近いような高所得の世帯でないのなら利用することが可能になります。
さらに「授業料等減免制度」と呼ばれるものもあり、条件は厳しくなりますが、もしこちらの制度を利用することができれば費用をかなり安く抑えることができます。
支援がない状態の元々の費用に関して言うと、私立の場合と比べて10分の1以下で済むことになるため、圧倒的な安さが魅力になっていると言えるでしょう。
ですので、公立の通信制高校は、学費の安さを一番に重視する場合に向いていると言えます。

息子の同級生の親から、どこの高校に通ってるのかよく聞かれる。
聞かれたら、好きなことを学んでると言うことにしてる。
他人の子供がどこの高校に通ってるか気にしてる親に、通信制高校のこと話しても理解されない。
聞く目的は、自分の子供の方が、良い高校に通ってると確認するため。
逆にかわいそう。

— chiro🍀 (@chirochiro333) 2019年9月11日